WEB予約可能

歯が抜けた時

虫歯や歯周病が進行してしまった時や、ケガで外傷を受けた時に、歯が抜けてしまうことがあります。
このような場合の治療方法には、「インプラント」  「入れ歯」「ブリッジ」という大きく3つの選択肢がありますが、それぞれに利点と欠点があるため、どれかが最も優れているといったことはありません。
当院では、全ての治療方法についてきちんとご説明した上で、患者さんにご希望のものを選択して頂くようにしています。こちらから、どれか特定の治療に誘導することはしませんが、専門的な内容については何でも分かりやすく説明をいたしますので、もし不明な点がありましたらお気軽にお聞き頂ければと思います。なお、もちろん費用や見た目の自然さも大事ですが、治療後のメンテナンスのことも考えて治療方法お選びになることをお勧めしています。

歯を失ったままにしておくと…

歯を失ったままにしておくと
歯根が失われると骨に伝わる力がなくなり、歯を失った部分の骨がやせていきます。歯の喪失によって歯が移動し、歯並びが変わってしまう場合があります。
また、見た目が悪くなり、顔の輪郭が変わってしまいます。

インプラント

メリット
メリット
強く噛むことができる、口の中の違和感が気にならない、見た目がきれいに仕上がる
他の歯牙を傷付けずに治療出来る
デメリット
デメリット
費用がかかる為、経済的負担が大きい
自分の歯と同じように意識して管理しないとインプラント周囲炎のリスクがある
インプラント

小竹歯科クリニックで使用しているインプラント

当院のインプラント治療では、50年以上の歴史を持っており症例の数と経過期間で信頼の高いストローマン・ジャパンの製品を使用しています。
また、当院では「チタンで作られた人工の歯の根っこ」と「患者さんの顎の骨」がしっかりと強く結合するタイプのインプラントを採用しています。しっかりと結合しないものを使用すると、歯周病菌に感染した時などに、骨が一気に溶けてインプラントが外れてしまいます。

ストローマン・ジャパンとは

ストローマンは世界で信頼されるブランドです。
ストローマン・ジャパン
■100ヵ国以上の国々で展開し、従業員は3,500人を超えるグローバル企業です。
■世界で1,700万本以上のストローマンインプラントが治療に使用されています。
■スイスの精密な技術と徹底した品質管理のもとに製品は作られます。
■60年にわたる調査と研究に支えられています。

インプラントの構造

インプラントの構造インプラントの構造

当院のインプラント治療の強み

口腔外科を専門とする歯科医師が、できるだけ患部を傷つけずに短時間で処置を行います。
患者さんから下記のような声を頂いております。
「インプラント治療は大変そうだと思っていたけど意外とすぐに終わった」
「思っていたより痛みが少なかった」

入れ歯

メリット
メリット
健康な歯を削らない、外科的な処置が必要ない、保険が適用される
(保険外のものもあります)
デメリット
デメリット
強く噛むことができない、見た目が気になる、口の中の違和感が気になる
入れ歯
金属床デンチャー 入れ歯の土台となる床を金属にすることで、薄く作ることができます。また、金属は熱を伝えやすいため、飲食時に冷たい・熱いという感覚を味わいやすいという特徴もあります。
ノンクラスプ・デンチャー 通常の入れ歯には金属製のバネがついていて、口を開けた時にそのバネが目立ってしまうという欠点がありました。ノンクラスプ・デンチャーは、そのバネがついていないため目立たず、さらにつけ心地も改善されています。
インプラント・マグネット・デンチャー 顎の骨に埋め込んだインプラントと入れ歯にマグネットを取り付けることで、お口の中でいつも同じ位置に入れ歯が収まるようになります。また、インプラントによってしっかりと入れ歯を支えることができるようになります。

ブリッジ

メリット
メリット
強く噛むことができる、口の中の違和感が気にならない、保険が適用される
(保険外のものもあります)
デメリット
デメリット
健康な歯を削る必要がある、支台となる歯に負担をかけ続けることになる、お手入れが面倒
ブリッジ

当院のブリッジの種類

セラミック 陶器でできており、見た目がきれいで硬さも天然の歯に近いものです。
ジルコニア 金属を使わないため、軽く、金属アレルギーの予防もでき、咬み合わせの維持に繋がります。
エステニア セラミックとプラスチックを混ぜたもの(ハイブリッド)で、やや強度は落ちますが上記2つに比べて安価です。
ページのTOPへ