WEB予約可能

一般歯科

虫歯治療について

なるべく痛くない治療

本当は、虫歯は痛くなる前に治療をしてしまうのが良いのですが、治療を怖がって放置してしまう方も残念ながらいらっしゃるようです。
そういった方のほとんどが、麻酔を打つことに対する恐怖心を持っているようです。実は麻酔を打つ時の痛みというのは、冷たい麻酔液を入れていく時に発生するものです。そのため、吉祥寺の当院では事前に麻酔液を温めるなどして、できるだけ痛みを感じないようにしています。
また、当院では「できるだけ痛みを感じない打ち方」といった工夫も取り入れています。

歯内療法(根管治療)

虫歯をしばらく放置しておくと、歯の根っこまで虫歯菌に侵されてしまうため、神経を取って根っこの中をきれいにする治療(根管治療)をする必要があります。
また、過去の治療で取り付けた詰め物や被せ物の下で虫歯が進行している場合も、歯の根っこが侵されていて根管治療が必要になることがあります。当院には、根管治療を専門とする歯科医師(根管治療の認定医)がいるため、他院で「抜くしかない」と言われた患者さんでも当院なら可能な限り対応していきたいと思っております。
根管治療が必要かどうかはレントゲンなどを使って撮影してみなければ分かりませんので、歯の表面に異常がなくても腫れや違和感がある時は、すぐにご来院ください。
歯内療法

歯周病について

歯周病の危険性

歯周病は、歯茎や骨が歯周病菌に侵されてしまう病気です。
つまり、虫歯と違って身体の中まで菌が入っていくため、血管を通ってその菌が全身に運ばれてしまう可能性があるのです。場合によっては脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすこともあるため、日頃から清潔な口内環境を維持するようにしましょう。

歯周病のチェック

こんな症状がある方は要注意です。すぐに歯周病対策を始めるようにしましょう。
歯磨き中に血が出る。口臭が気になる。歯茎が腫れる。歯がグラグラ。口の中がネバネバする。食べ物が詰まる
歯磨き中に血が出る。口臭が気になる。歯茎が腫れる。歯がグラグラ。口の中がネバネバする。食べ物が詰まる

歯周病の治療

歯周病治療で何よりも大切なのは、ご自宅での正しい歯みがきです。
当院では、歯ブラシだけでなく、フロスや歯間ブラシといった道具の選び方と使い方についてもアドバイスをさせて頂いております。そして、院内では歯科衛生士がルーペを使用し、クリーニング(歯石や歯垢の除去)を徹底して行います。こういったことを続けると、歯周ポケットが浅くなっていきますので、さらにお手入れがしやすい環境になり、衛生的な口内環境を維持しやすくなります。
重症の患者さんの場合は、歯茎を開いて中の汚れを除去するフラップ手術を実施することもありますが、早めに治療を始めれば、歯みがき改善とクリーニングで症状が治まっていくことがほとんどです。
歯周病の治療
ページのTOPへ